皮膚科外来診療に役立ててほしい座右の書

日本医事新報 No.4598(2012年6月9日) BOOK REVIEWより

評者:本田光芳(日本医科大学名誉教授(皮膚科))

 本書は,上田由紀子,畑 三恵子両先生を中心に,2人を心からサポートする14名の著者たちによる,全30章からなる“皮膚科外来診療”のための,文字通りの“スーパーガイド”である.
 上田,畑両先生は,常日頃,真摯に各自の診療所で,得意分野を活かした皮膚科診療に従事する傍ら,皮膚科学会,美容皮膚科学会,皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会など多くの学会で大変華やかに活躍されている.
 本書は,自らも謳っているように,まさに“教科書にない実践ヒント集!”である.「Part 1 皮膚科医にお勧めできる治療のヒント」では,多様なかぶれの症例を呈示,貼布試験により原因を確定・除去し,その後に使用すべきシャンプー・石鹸,化粧品,外用薬などを一般商品名で記載,販売価格,製造会社,問い合わせ電話番号,メールアドレスまで付記している.さらに肌着,靴下,イオントフォレーゼ,ピーリング,レーザー脱毛,化粧品指導(アトピー性皮膚炎,ざ瘡,光老化予防と改善)など,こまやかな指導方法が懇切丁寧に述べられ,“痒い所に手が届く”配慮が心憎い.
「Part 2 皮膚科治療に役立つ知識」では,栄養の知識から始まり,頸のシワ,足のタコ,外反母趾,便秘,若返りなどのためのトレーニングとエクササイズ,肌によい温泉,ヘアスタイル,顔色を引き立てるカラーコーディネート,禁煙によるよい変化と,多岐多彩で,真にユニークである.禁酒によるよい変化が欠落しているのは,上田,畑両先生のアルコールに対する寛容さを暗示するところであろうか.
 いま,まさに脂の乗りきったお2人,と言えば女性に失礼なので,換言すれば,カサブランカのごとく薫り高い上田,畑両先生が,情熱を傾けて完成した本書は,諸先生方の座右の書として大いに役立つものと確信し,心から推薦する次第である.