前提となる「考え方」から学ぶ

メディカル朝日 2012年11月号 p.84 BOOKS PICKUPより

多くの定理や公式のように、毎回普遍の答えに結び付かない統計学。予定調和の考え方に基づいた学問で、数学の一環として学ぼうとすると挫折しがちだ。医学・生物統計学的検定の考え方を理解するために書かれた本書は、その楽しさを日常的なたとえでユーモアを交えながら読みやすく伝える。途中で閉じてしまった統計学入門書を再読する前に読みたい一冊。

朝日新聞社より転載承諾済み(承諾書番号17-5793)
朝日新聞出版に無断で転載することを禁止します