実臨床に即応して内分泌系の基本的なしくみを理解しながら用いることができる診療ガイド

小児科診療 Vol.77 No.7(2014年7月号) 書評

書評者:雨宮伸(埼玉医科大学小児科教授)

本書は有阪教授の画期的アイデアにより,巻頭に,小児内分泌疾患で遭遇する症候や異常から記述ページにたどり着く目次・索引機能,年齢ごとのホルモン変動,視診で認める症候,成長異常を認める症候群がQuick Indexとして掲載されています.
 また,一般小児科医,特に小児内分泌学のビギナーにとって基本的理解が進みやすいように,Part 1 「ホルモンの作用と病態」,Part 2 「さまざまな症状や検査異常への対応と診断,治療」,Part 3 「救急処置」の3つで構成されています.そこでは,従来の教科書的な疾患別の解説と異なり,実臨床に即応して内分泌系の基本的なしくみを理解しながら用いることができる診療ガイドとなっています.さらに,テーマごとのエッセンスが“Consideration points”として冒頭にまとめられ,重要語句は“Keyword”として解説されています.
 本書は小児内分泌学を取りつきにくい分野ととらえている一般小児科医のみならず,本格的に小児内分泌をサブスペシャルティーにしようと考えているビギナーにとっても,患者に遭遇するたびにくり返し活用でき,明日の診療に役立てていただける絶好の診療ガイドです.
 楽しく学べる小児内分泌学を目指した有阪教授の意図が随所に認められ,ぜひ一度手に取っていただきたい良書として推薦いたします.