たいへんなケースと向かい合うための多くの重要なヒントが散らばっている

精神療法 Vol.38 No.3(2012年6月号) 書評より

評者:牧真吉(名古屋市中央療育センター)

 本書は,子どもの心の診療シリーズ8冊のうちの1冊であるが,一番最後になって出されたものであり,やはり,最後にならざるをえない題材である。それというのは,国際疾病分類(ICD)ではわざわざ「成人のパーソナリティ障害」としてあるように,子どもに対してはパーソナリティ障害を診断はしないという了解事項があるからである。それでも現実には子どもでも似たような事態があるのをどのように考えるのかということで,子どもの人格発達の障害という題名に工夫がこらされていると思う。どのように書き進まれるのだろうかと大変興味が引かれるテーマである。「はじめに」のところでこの辺りの経緯が書いてあり,どのようにしてパーソナリティが発達していき,どんなことでその発達がうまくいかなくなるのだろうかという疑問を刺激され,興味をひいた。

 Iの総論の中でこれまでに子どもの人格についてはどのように考えられてきたのかをまとめて,その行き着いた先としてKernbergの人格の構成要素を用いながら人格の発達を考えている。IIでは,そこであげられたパーソナリティを構成する要素について分担して書かれており,それぞれの領域で今わかっていることが詳しく書かれている。この内容は全体を組み立てて理解をしないことには収まりのつかない内容であり,その努力は読者に託されている。この本にあるように同時にいろいろな考え方,見方を身につけることができることが一番役に立つはずであるが,そうするとストンとわかった実感を持つことができない。現に分担執筆者も自分の範囲を超えてもあれもこれも書いていかざるをえない。その膨らみをいかに消化しながら読み進むことができるかを問われてしまう。それほどに内容は濃いものである。個々に取り上げてもヒントになることは多く,ジェンダーの項では,生物学的な性でさえも簡単に二分することはできず,スペクトルのように連続していることを知らされた。また母子関係のところでは,「そのような母親が,人一倍の感度を働かせて子どもに向かい合うということがいかにたいへんであるかを考えずに,育児を不適切であると判断することは,支援の手がかりを見失いかねない」さらには,心的外傷,アタッチメント,発達障害の関係,分析的な理解など得ることが多く,いろいろ考えさせられる。

 IIIでは,パーソナリティ障害とその前段階としての性格傾向を取り上げ,IVでは,治療論を取り上げている。その中で,松田が,治療の要点としてあげている中に,「治療スタッフと治療者自身の疲弊を癒やすための方法と場について話題にし,あらかじめ準備しておくことが必要である」と書いているなど,たいへんなケースと向かい合うための多くの重要なヒントがこの本の中には散らばっている。そうしたことを読者が見つけ出していくおもしろさがある。まさに叢書の一冊となっている。