めまいという多くの科に関連のある疾患を対象とする医師にとって推薦の書

JOHNS Vol.29 No.3(2013年3月増大号) 書評より

評者:小松崎篤(東京医科歯科大学名誉教授)

 このたび,内藤泰先生専門編集の『めまいを見分ける・治療する』を通読する機会があった。
 めまいに関するこの種の著書は現在まで数多く出版されているが,その大部分は従来の教科書のごとく解剖,検査,疾患等の順に配列されているか,それに準じた記載となっている。めまいを専門にしている医師であれば,その内容を取捨選択して把握するのにさほど困難はないが,一般医にとっては必ずしも容易なことではない。その理由として20世紀後半から現在まで「めまい」の解剖,生理さらにその臨床応用としての機能検査が聴覚系とともに飛躍的に進歩してめまいの病態解明に大きく貢献しているが,それは同時に読者にとって十分理解することがより困難になっていることも意味している。一方,症状としてのめまいは一般臨床の場では頭痛や腹痛などと同様しばしば遭遇するが,病態背景が簡単な疾患から生命の予後に関する疾患まであり,臨床の現場で目の前にいる患者が自然治癒の傾向を持つ疾患なのか,重要な背景を持つ患者なのかを判断しなければならない。そこに本書のタイトルでもある「めまいを見分ける」ことの大切さがある。
 本書はその「シリーズ刊行にあたって」でも書かれているごとく「臨床にすぐに役立つような実践的なものとし」を忠実に踏襲して編纂されていることが大きな特徴である。それを考えるとおのずと広い意味でのQ&Aの方式をとるのが実践的で本書にもそのような配慮がみられ,それがまた本書の特徴にもなっている。内容は,「めまいの見分け方」,「めまいの検査法」,「さまざまなめまいの鑑別と治療方針」,「めまいの治療法」の4章からなっている。
 第1章「めまいの見分け方」はいわば問診に当たるところである。めまいの診断にはとくに問診が重要で,問診を詳細に聴取することによりそれのみでも疾患を大きく絞り込むことができるので,めまいの内容,持続時間,随伴症状の問診におけるポイントが的確に記載されており,そのことは第2章の検査をいかに要領よく行うかにも大きく関係してくることになる。
 第2章「めまいの検査法」では眼振,眼球運動異常の病巣局在診断的意義は大きいが,一般検査の重要度も適切な記載となっている。また本章ではVEMPなど比較的新しい検査法がどのような意味を持つかも書かれている。
 第3章ではわれわれ耳鼻咽喉科医が比較的遭遇しやすい疾患にについて最新の知見も含めて過不足なく記載されている。耳鼻咽喉科医としてめまいの診療に当たる場合には当然のことながら内耳疾患のみならずめまいを発症させるそれ以外の病態についても必要最小限の知識は必要であり,それらについての配慮もこの章ではなされている。
 めまいは診断ができても治療がないのではないかとはよく聞かれることであるが,第4章では薬物療法のみならず,疾患によって異なる理学療法や近年発達してきている有酸素療法なども書かれている。また,頻度は必ずしも多くはないがQOLを大きく損じる末梢性めまいについては最終的に手術療法があることも患者の診療を日常行う医師にとっては重要な手助けとなっていることも事実であろう。
 以上,述べてきたように本書は日常めまいの臨床の場に立っている医師にとっては疑問を解決する上で役立つ書であり,めまいという多くの科に関連のある疾患を対象とする医師にとって推薦の書ということができる。