さらなる診断学の進歩が治療に反映される時代がきていることを強く感じさせる良書

耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Vol.85 No.9(2013年8月号) 書評より

書評者:海老原敏(練馬光が丘病院,国立がんセンター東病院名誉院長)

『がんを見逃さない―頭頸部癌診療の最前線』は,《ENT臨床フロンティア》シリーズの5冊目となるものである。シリーズ刊行にあたって,編集委員が目的とした「実戦重視」耳鼻咽喉科診療の第一線ですぐに役立つという趣旨に沿って,頭頸部癌診療の現状について提示され,必要なことも網羅されている。
 第2章の「頭頸部のさまざまな症状」では,日常診療でどのような場合に癌を疑い,その場合どのように対処すればよいかが,症状別に書かれている。それぞれ貴重な体験に基づいて書かれており,本書にあることをすべて実行できれば日常の癌診療では十分であろうといえるほどである。「頭頸部の前癌病変」にも章を設け,8頁を費やしている,前癌病変とはよく耳にする言葉であるが,実態はないに等しく,前癌病変という定義すらはっきりしていないし,粘膜内のとどまるいわゆる表在癌についても,病理学者により癌ととるか過形成ととるか意見が分かれるところも多い。この点著者たちも苦労されたところであろう。その結果がこの短い章として表れているのだと思う。付録に診断に役立つ資料集という日常診療,特に電子化が進む診療録に取り込むのに絶好な企画があるので,これと同じように付録として,前癌病変,早期癌,表在癌について扱う方法もあったのではないかと思う。また,この項については病理医の意見が反映されるべきとも考える。
 近年著しい進歩がみられる画像診断についても,簡潔にわかりやすくまとめられている。細胞診,生検についても妥当な記載がなされている。内視鏡の機器の進歩もめざましく,数mmの表在癌が容易に発見される時代となり,この点についても紹介されている。
 治療に関しては,第6章に「頭頸部癌治療の最前線」として,外科療法では機能を温存する外科療法,ロボット支援手術,鏡視下手術が紹介されている。いずれも今後発展していくものであろう。超選択的動注療法さらには分子標的治療もとりあげられている。なかでも放射線治療の項は機器ならびに手技の進歩がわかりやすく纏められ,放射線治療の現状と近い将来の進歩がみえてくるように感じられる好著といえる。リニアックを用いた高精度放射線治療,粒子線治療,密封小線源治療,ホウ素中性子捕獲療法,非密封線源治療まで,外科医にとっても理解しやすいものとなっている。
 担当するテーマによっては文献が不要のものがあるだろうが,すべて独自の仕事とは思われないものにまで文献が挙げられていない項目もあり,近頃の考え方なのかと首を傾げてしまった。それはさておき,この1冊に頭頸部癌の統計,疫学,診療の最前線が盛り込まれており,手元に置いておきたい1冊といえる。欲をいえば,項目別にさらに詳しくみるにはという参考にすべき文献が記載されていると読者にとっておおいに役立つのだがと思う。
 永年がん診療に携わってきて,頭頸部癌の診療は他部位のがんと同じく近年進歩の度合いが急速となっているが,多くの部位のがん診療は診断の進歩が治療の進歩に繋がってきたように思える。その点からみてもさらなる診断学の進歩が治療に反映される時代がきていることを強く感じさせる良書である。